ウェブ制作を外部の業者に任せる時にチェックしておくべきこと

各業者に在籍するエンジニアの実績や技量を要チェック

ウェブ制作の手間を省いたり、クオリティが高いコンテンツを導入したりしたい場合には、外部の専門業者に作業を任せるといった方法もあります。初めてウェブ制作を外注するにあたっては、希望通りのサイトを納品してもらうため、評判が良い業者に在籍するエンジニアの実績や技量をしっかりとチェックすることが大切です。特に、資格を持ち経験が豊富なエンジニアにウェブデザインやコンテンツ制作などの大事な作業を依頼する際は、高額なコストが発生することもあるため、早めに見積もり額を提示してもらうことが大事です。なお、経済的に余裕がある時には、大手のIT企業でのキャリアを持つエンジニアが揃っているところや、オーダーメード対応が優れているところを外注先の候補に選ぶと良いでしょう。

納品後のトラブル発生時のサポートについても調べよう

長期にわたり安定的にウェブサイトを運営したい場合には、ウェブ制作を外注した後のトラブルに丁寧に対応してくれる業者と契約を結ぶのがおすすめです。顧客満足度が高いウェブ制作の専門の業者の中には、納品から数年以内のシステムのバグやセキュリティの問題について、無償でサポートをしたり、メールやSNSを通じてエンジニアが相談に応じたりしているところも多く見られます。そこで、後悔なくウェブ制作を依頼するうえで、複数の業者のアフターサポートの良し悪しについてじっくりと判断することが大切です。その他、スムーズに目的に合った業者を選ぶため、実際に納品後のトラブルシューティングを依頼したことがある顧客の体験談に目を向けることも有効です。

コーディングはプログラム設計書に沿ってプログラミング言語で記述することを指しますが、プログラミングはプログラムの設計・実装・テストに至るすべての工程を指します。