スマホが壊れた!どうやって直すかを考えよう!


スマホ修理の三つの選択肢

スマホが壊れて困ってしまったときには修理方法が三つあります。最も主流なのはスマホのメーカーに修理を依頼する方法です。保証期間内であれば無料で対応してもらうことができ、修理期間が長くなるような故障の場合には代替機も出してもらえることがあります。ただ、保証が切れてしまっている場合には注意が必要で、費用は他の方法に比べると高めです。修理にかかる期間も長いことが多いという点にも気をつけましょう。

簡単な修理でもショップですぐにやってくれるわけではなく、工場対応になるのが修理期間が長くなる原因です。

二つ目の方法はスマホ修理業者に依頼する方法です。オフィシャルに行われているわけではないですが、正規の部品などを使用して直してもらうことができます。すいているときならすぐにその場で修理してくれる場合もあり、納期が短いのがメリットです。保証期間があるかどうかに関係なく費用がかかりますが、一般的にはメーカー修理に比べると安上がりになります。三つ目の方法は自分で修理する方法で、部品などを調達できれば行うことが可能です。最も安上がりになるものの、壊してしまうリスクもあるので注意が必要でしょう。

メーカー修理以外の注意点

スマホをメーカー修理以外の方法で直すときには注意点があります。保証期間内であったとしても保証が無効になってしまうので、次に壊れたときにはメーカー修理では全額支払いが必要になります。急ぎで修理したいと思ったときにも次のことを考えてメーカーに依頼することも検討しましょう。

スマホを踏みつけてガラスを割ってしまった時や不注意からトイレやバケツに水没させてしまった時は、スマホ修理の梅田のお店にお世話になるという選択肢があります。